花粉症になる原因や仕組み・対策法も大公開!!

花粉症の原因は??

花粉症の原因は、その名の通り植物が飛ばす花粉です。花粉症の原因である花粉は、植物が子孫を残すために飛ばすもので、植物にとって花粉を飛ばすことはとても自然なことです。とはいえ、人間にとって花粉は大気中にある物質で、免疫系を刺激して花粉症を引き起こす物質であるため、ちょっと迷惑なものです。しかし、植物がこの世の中からなくならない限り、一年の内春から秋にかけては必ず何がしかの花粉は大気中に飛んでいるため、花粉症が発症する可能性はゼロにはならず、何かしらの対策が必要になります。
花粉症の原因は、植物の側から見ると、花粉にあるのではなく、人間の側にあるということになります。というのも、花粉症のメカニズムは、人間の免疫系が花粉に対して過剰な反応をすることだと考えられているからです。人間の免疫、つまり外部の刺激に対して反応する仕組みが、本来大気中に普段から存在している花粉に対して過剰に反応して排除しようとすることで、鼻水やくしゃみ、涙といった反応になることが知られています。そして、一度花粉症になってしまうと、少量の花粉に対しても花粉症の症状を発症するようになります。
花粉症の対策を考える時には、人間の体のこうした仕組みについて知っておくと、何をすれば良いのかを考える時の役に立つのではないでしょうか。

花粉症のはなぜおきるの??

一度なるとなかなか治すことができない花粉症。とてもやっかいですよね。
花粉が飛び始める季節になると、あちこちでくしゃみをしている人や、花粉症マスクをしている人をみかけます。
風邪でもひかれたんですか?
いえいえ、花粉症なんです。鼻水は止まらないし、鼻や目はむずむずかゆくってかゆくって。
といった会話を耳にしたことがある人は多いでしょう。また、実際にこういった会話をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

国民病とも言われる花粉症、その仕組みをご存知ですか?
花粉症は誰もが知っているように花粉が原因で起きるアレルギーです。
人間の体は異物が入ってくると、それを排除しようという力が作用します。私たちの日常には目に見えないカビや菌があちこちにうようよしています。しかし、それらのカビや菌に対して私たちの体は異物を排除しようという力が作用し、それらのカビや菌を知らず知らずのうちに退治しているのです。このカビや菌のような異物は抗原と呼ばれます。この抗原と結びついて排除する役割をする物質を抗体と呼びます。アレルギーは抗原(異物)を排除しようとして抗体が過剰に反応したときにでる症状です。
花粉症は体が花粉を異物と認識し過剰に反応することでくしゃみや鼻水、目のかゆみといった花粉症の症状があらわれます。
花粉症の起こる流れは次のようになっています。
花粉が体に入ってきて体が花粉を異物と判断します。すると異物である花粉に対抗するために抗体(IgE抗体)を作ります。そして抗体ができた後に、再び花粉が入ってくると鼻や目粘膜にある肥満細胞で待ち構えている抗体と結合します。その結果、肥満細胞から化学物質であるヒスタミンやロイトコリエンが分泌され、花粉を外に出そうとしてくしゃみや鼻水、目のかゆみなどが症状にあらわれます。
この時に出される化学物質のヒスタミンは知覚神経を刺激する物質でくしゃみ、鼻水、目のかゆみを引き起こします。また、ロイトコリエンは血管を拡張させる物質で、鼻づまりを引き起こします。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった花粉症の症状は風邪と似ているため、風邪かなと思う人もいるでしょう。実際に風邪だと思って病院に行ったら花粉症だと診断されたという人も多いようです。

花粉症と風邪の見分け方のポイントは目のかゆみです。目のかゆみは花粉症の特徴的な症状です。その他花粉症は微熱は出ますが高熱は出ないという特徴があります。また、花粉症の鼻水は透明ですが、風邪の鼻水は黄色かったり、緑色だったりする場合があります。

花粉症には初期治療が効果的

花粉症には初期治療が効果的です。花粉症の症状が出るのは花粉が飛ぶ時期です。つまり、花粉症が発症するタイミングというのは事前に予測ができるということです。
花粉症の症状は、花粉という異物が人間の体の中にある免疫系という仕組みを刺激することで起こります。免疫系というのは、人間の体の中に入ろうとする異物を排除しようとする仕組みで、体内に寄生虫が入り込んだり、菌やウイルスが入り込むのを防ぐ仕組みです。花粉症というのは、この免疫系が花粉に対して過剰反応をすることで、涙や鼻水、くしゃみや目のかゆみなどを伴う症状を引き起こすものです。
花粉症の初期治療は、この免疫系が花粉に過剰反応しないようにすることで、花粉症の症状を緩和しようというものです。それによって、花粉が飛び始める時期になっても、涙や鼻水、くしゃみに悩まされる回数が減ります。また、鼻炎の症状を抑える薬などを飲む回数が減るので、体への負担も少なくなるというメリットがあります。
花粉症は、症状が出始める時期が分かっている病気で、かつ、事前に対処することで花粉の飛ぶ期間の状態をある程度コントロールできるものです。つまり、自分で準備することで、症状を緩和して快適に過ごすことができます。早めに病院で相談して花粉の時期に備えましょう。

花粉症の原因になっている植物は??

花粉症の季節になると目がかゆくてたまらない、鼻がむずむずしてくしゃみがとまらない、頭がぼんやりしてすっきりしないという話しをあちこちで耳にします。
花粉症を知らないという人は恐らくいないのではないでしょうか。
花粉症はご存知の通り花粉が原因で起こるアレルギーです。花粉症の原因となるものはスギ花粉が多いですが、その他ヒノキ、ブタクサ、ヨモギなどの花粉が原因で花粉症になることもあります。花粉症の症状は目の充血、くしゃみ、鼻水、かゆみなどがあります。その他喘息のような症状や、便秘や下痢、片頭痛などを伴うこともあります。
花粉症は自然治癒が難しく花粉症で悩む人は年々増えているといわれています。

花粉症は春になるものと思っている人は多いでしょう。しかし花粉症は一年中なりうるものなのをご存知ですか?実は花粉症の原因となる植物は春に花粉を飛ばすものだけでないのです。なんと冬にも花粉症の原因となる植物があるのです。

ここで花粉症の原因となる植物を季節別に紹介します。

スギ、ヒノキ、カモガヤ、シラカンバ、ソメイヨシノ、ケヤキ、コナラ

ハルガヤ、スイバ、ヒメスイバ、クリ、スズメノテッポウ、イネ、ブタクサ、オオブタクサ

オヒシバ、メヒシバ、カナムグラ、ヨモギ、セイタカアキノキリンソウ

ハンノキ、ウメ、ツバキ、キク

その他にもクヌギ、ブナ、ギシギシ、ホソムギ、ハルガヤ、カナムグラ、ヘラオオバコ、オリーブ、クロマツ、クルミ、ガマ、ヒメガマ、イチゴ、リンゴなどたくさんの原因植物があります。

日本で花粉症の原因となっている植物として広く知られているものにスギがあげられます。その他、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、シラカンバ、ヨモギ、カナムグラ、ケヤキ、コナラ、ブナなどによる花粉症が多く見られます。シラカンバは北海道に多いといわれています。世界ではスギやブタクサ、イネ科植物による花粉症が多くみられています。

花粉症は季節、地域、そして人により原因となる植物が違ってきます。人によってさまざまな植物に影響を受けて花粉症の症状が出るため、ほぼ一年中くしゃみや鼻水、目のかゆみといった花粉症の症状に悩んでいる人もいます。また、職業的花粉症で悩んでいる人もいます。イチゴやリンゴ、バラなどの花粉症は生産者に多く見られます。

自分の花粉症がどの植物によるものか、そしてその花粉はいつの季節に飛ぶのかなどチェックしておくと早めの花粉症対策に役立ちます。是非チェックしておきましょう。

花粉症の様々な治療法をご紹介

この目のかゆみをどうにかしたい!
鼻をスッキリさせたい!
マスクなしで外にでたい!
と叫びたくなることはありませんか?
花粉症は鼻水や目のかゆみ、くしゃみといった症状だけでなくストレスもまたもたらします。毎年花粉症で悩んでいる人は、少しでも花粉症の症状が軽くなるようにとさまざまな情報を集めて試しているのではないでしょうか。

花粉症治療には薬物療法、減感作療法、手術療法などがあります。
薬物慮法は抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬などを用いて治療をします。抗アレルギー薬は花粉症治療においてもっともポピュラーな薬の1つです。花粉症が飛ぶ2週間ほど前から飲み始め、花粉症が飛ばなくなるまで飲むことで花粉症の発症を防いだり、症状を軽減したりする効果があります。抗ヒスタミン薬はすでに出てしまった花粉症の症状(鼻水、目のかゆみ、くしゃみなど)を抑える効果があります。ステロイド薬は速効性があり、ひどい花粉症の時に使用されますが副作用が出やすいので注意が必要です。

減感作療法は根本的に花粉症を治す療法で、花粉症の原因である花粉を少しずつ濃度をあげながら体に入れていくことで徐々に花粉を体に慣れさせていきます。減感作療法は根治をしたい人、薬物アレルギーの人、妊娠中の人などに向いている治療法です。滅感作療法は週1回〜月1回の間隔で注射を打ち、2〜3年続ける必要があるため根気が必要となります。

手術療法には下鼻甲介を切るものや鼻の粘膜の一部をレーザーで焼くものなどがあります。
下鼻甲介を切る手術はアレルギーで腫れた下甲介の肉を切除して空気の通り道を作るもので、手術後だいたい1〜2週間で鼻が通るようになります。
鼻の粘膜の一部をレーザーで焼く手術は鼻の粘膜を焼くことで鼻通りをよくします。レーザー手術は下鼻甲介切除手術よりも時間が短く、出血や痛みが少ないという利点があります。
その他手術療法には高周波電気凝固術、化学薬剤手術などがあります。
手術療法は鼻づまりがひどい人、薬が効かなかったり薬アレルギーがある人、局所的点鼻薬が聞かない人などに向いています。
手術をすれば完治すると思っている人もいるようですが、それは間違いです。手術の効果や持続性は個人差がありますが基本的には1年くらいしか持ちません。そのため少なくとも1シーズンに1回の手術が必要となります。

薬物療法、減感作療法、手術療法のどの治療法を選ぶ時も医師にしっかりと相談し説明を受けるようにしましょう。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www.villageofcloudcroft.com/" target="_blank">http://www.villageofcloudcroft.com/</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。